脳をハイレベルに保つための「睡眠」

いつもブログをご覧頂きありがとうございます!

札幌北区麻生駅 徒歩30秒!
ANGINパーソナルトレーニング代表 三浦 風太です。

トレーニングを通して「QOL」を向上するお手伝い

明日までに終わらせなければ…

そう言って睡眠時間を削ってまで仕事や作業をした経験はありませんか?

つまりは「徹夜」

当然ながら徹夜の後は猛烈な睡魔に襲われます。
そこで今回は!徹夜がどう身体に悪影響を及ぼすのか…手短に解説していきます!

脳をハイレベルに保つための「睡眠」_20211024_1

徹夜の危険性

徹夜がどれほど怖いものか、いろいろとデータがありますが、1つのわかりやすい例として、人は17時間以上起きていると血中アルコール濃度0・05%と同じレベルにまで作業能率が低下すると言われています。

これはビール1~2本ほどを飲んだレベルで、酒気帯び運転で捕まってしまう数値です。

また、徹夜明けは脈拍数が速くなり、体温も上がり、明らかに体の変化が訪れ、さらに理性が薄れてきます。仕事どころではありません。

私たちの脳にとって、睡眠は単なる休息ではなく、経験や情報の整理と定着に大きく関与しています。

パフォーマンスにこだわるビジネスパーソンであればなおさら、脳をハイレベルに保つための睡眠を犠牲にすることはできる限り避けるべきだと言えます。

まとめ

徹夜をする=翌日の作業効率が低下するこのことを理解しましょう。
翌日の午前中は軽い作業程度に抑えるのがベストです。
もっとも、徹夜をしないのが一番ですが…笑

ANGIN PERSONAL TRAINING

ダイエットや肉体改造には様々なアプローチがあります。

目的に合わせたもの、性別、年齢に合わせたもの、個人の体質に合わせたものなど様々です。

“万人に効率の良いトレーニングは存在しない” を理念に、目標期間で最大限の結果を出す為のトレーニング指導や食事管理の徹底をお客様と二人三脚で行っていきます。